二級ボイラー技士試験(H27年10月公表)

(ボイラーの取扱いに関する知識)

問題 11.

(ボイラーの取扱いに関する知識

問1 1 ボイラー水の間欠吹出しについて、誤っているものは次のうちどれか。

(1)吹出しは、ボイラー水の不純物の濃度を下げたり、ボイラー底部にたまった軟質のスラッジを排出する目的で行われる。
(2)鋳鉄製蒸気ボイラーの吹出しは、必ず運転中に行う。
(3)給湯用又は閉回路で使用する温水ボイラーの吹出しは、酸化鉄、スラッジなどの沈殿を考慮し、ボイラー休止中に適宜行う。
(4)吹出し弁が直列に2個設けられている場合は、急開弁を先に開き、次に漸開弁を開いて吹出しを行う。
(5)水冷壁の吹出しは、運転中に行ってはならない。

問題 12.

問12 ボイラーの燃焼安全装置の燃料油用遮断弁(電磁弁)の遮断機構の故障の原因となる事項として、誤っているものは次のうちどれか。

(1)弁座が変形している。
(2)電磁コイルが焼損している。
(3)電磁コイルの絶縁が低下している。
(4)ばねの張力が低下している。
(5)バイメタルが損傷している。

問題 13.

問1 3 ボイラーにおけるキャリオーバの害として、誤っているものは次のうちどれか。

(1)蒸気の純度を低下させる。
(2)ボイラー水全体が著しく揺動し、水面計の水位が確認しにくくなる。
(3)自動制御関係の検出端の関口部及び連絡配管の閉そく又は機能の障害を起こす。
(4)水位制御装置が、ボイラー水位が上がったものと認識し、ボイラー水位を下げて低水位事故を起こす。
(5)ボイラー水が過熱器に入り、蒸気温度が上昇して、過熱器の破損を起こす。

問題 14.

問1 4 ボイラー水位が安全低水面以下に異常低下する原因となる事項として、誤っているものは次のうちどれか。

(1)気水分離器が閉そくしている。
(2)不純物により水面計が閉そくしている。
(3)吹出し装置の閉止が不完全である。
(4)蒸気を大量に消費した。
(5)給水内管の穴が閉そくしている。

問題 15.

問1 5 ボイラーのスートブローについて、誤っているものは次のうちどれか。

(1)スートブローは、主としてボイラーの水管外面などに付着する すすの除去を目的として行う。
(2)スートブローの蒸気は、ドレンを抜き、乾燥したものを用いる。
(3)スートプローは、燃焼量の低い状態のときに行う。
(4)スートブローは、一箇所に長く吹きつけないようにして行う。
(5)スートプローを行ったときは、煙道ガスの温度や通風損失を測定して、その効果を確かめる。

問題 16.

問1 6 ボイラーの水管理について、誤っているものは次のうちどれか。なお、Lはリットルである。

(1)水溶液が酸性かアルカリ性かは、水中の水素イオンと水酸化物イオンの量により定まる。
(2)常温( 2 5℃)でpHが7未満は酸性、7を超えるものはアルカリ性である。
(3)酸消費量は、水中に含まれる酸化物、炭酸塩、炭酸水素塩などの酸性分の量を示すものである。
(4)酸消費量には、酸消費量(pH 4. 8)と酸消費量(pH 8. 3)がある。
(5)マグネシウム硬度は、水中のマグネシウムイオンの量を、これに対応する炭酸カルシウムの量に換算して試料1 L 中のmg数で表す。

問題 17.

問1 7 ボイラー清缶剤の使用目的として、誤っているものは次のうちどれか。

(1)ボイラー内で軟化により生じた泥状沈殿物の結晶の成長を防止する。
(2)ボイラーの伝熱面への すすの付着を防止する。
(3)ボイラー給水中の溶存酸素を除去する。
(4)ボイラー水中の硬度成分を不溶性の化合物( スラッジ)に変える。
(5)酸消費量を適度に保つことによって腐食を抑制する。

問題 18.

問18 ボイラーの酸洗浄について、誤っているものは次のうちどれか。

(1)酸洗浄の使用薬品には、アンモニアが多く用いられる。
(2)酸洗浄は、酸によるボイラーの腐食を防止するため抑制剤(インヒビタ)を添加して行う。
(3)薬液で洗浄した後は、水洗してから中和防錆処理を行う。
(4)シリカ分の多い硬質スケールを酸洗浄するときは、所要の薬液で前処理を行い、スケールを膨潤させる。
(5)酸洗浄作業中は、水素が発生するのでボイラー周辺を火気厳禁とする。

問題 19.

問19 ボイラーの点火前の点検・準備について、誤っているものは次のうちどれか。

(1)水面計によってボイラー水位が高いことを確認したときは、吹出しを行って常用水位に調整する。
(2)験水コックがある場合には、水部にあるコックから水が噴き出すことを確認する。
(3)圧力計の指針の位置を点検し、残針がある場合は予備の圧力計と取り替える。
(4)水位を上下して水位検出器の機能を試験し、設定された水位の上限において正確に給水ポンプの起動が行われることを確認する。
(5)煙道の各ダンパを全開にしてファンを運転し、炉及び煙道内の換気を行う。

問題 20.

問20 単純軟化法によるボイラー補給水の軟化装置について、誤っているものは次のうちどれか。

(1)軟化装置は、給水を強酸性陽イオン交換樹脂を充てんしたNA塔に通過させて、給水中の硬度成分を取り除くものである。
(2)軟化装置は、給水中のカルシウム及びマグネシウムを除去することができる。
(3)軟化装置による処理水の残留硬度は、貫流点を超えると著しく増加してくる。
(4)軟化装置の強酸性陽イオン交換樹脂の交換能力が低下した場合は、一般に塩酸で再生を行う。
(5)軟化装置の強酸性陽イオン交換樹脂は、1年に1回程度鉄分による汚染などを調査し、樹脂の洗浄及び補充を行う。