一級ボイラー技士試験 新・精選問題200<サンプル>

 

目 次】

 第1編 ボイラーの構造・・・・・・・・P1P26

第2件 ボイラーの取扱い・・・・・・・P1P26

第3編 燃料と燃焼・・・・・・・・・・P1P26

第4編 ボイラーに関する法令・・・・・P1P26

  

【編集方針】

1.商品の一級ボイラー【新・精選問題200】について♪

 ○ 最近実施された一級ボイラー技士試験問題(公表)を対象に、細目毎に分類・整理したものです。 

○ 問題数は計200題(総枚数:A4で約100枚)です。

○【解答と解説】には、力が入っています。

○ この度、全面的に見直しを実施し、新規問題と大幅に差し替えました。(H25.05

二級ボイラー試験に合格すれば、直ぐに「一級ボイラー試験」に挑戦していただきたいと思います。 これが一番楽に合格する方法です。

  

2.学習方法について♪ 

1)一級ボイラー【新・精選問題200】をすぐ解いてみる。

2)教本で一問毎に確認する。(深く掘り下げる)

3)一級ボイラー【新・精選問題200】をもう一度、最初からやる。

4)各科目とも90点を取るまで繰り返す。

5)計算問題の攻略が一級ボイラー試験攻略のキーポイントです。満点を目指しましょう。

6)法令を得意科目にする(他の科目を補う)ことも、合格のキーポイントです。

  

一級ボイラー技士 新・精選問題200

【第1編 ボイラーの構造】

1.1 熱及び蒸気

 問1 熱及び蒸気に関し、次のうち正しいものはどれか。(H24.04公表)(H22.04公表) 

(1)圧力1MPa、温度180℃の乾き飽和蒸気を加熱して、圧力1MPa、温度210℃の過熱蒸気にしたとき、この蒸気の過熱度は16.7%である。

(2)圧力が0.1MPaのときより、0.2MPaのときのほうが水の単位質量あたりの蒸発熱は大きい。

(3)換算蒸発量とは、常用圧力におけるボイラーの実際の蒸発量を最高使用圧力のときの蒸発量に換算したものである。

(4)熱と仕事はともにエネルギーの形態で、熱量3.6MJは電気的仕事量1khに相当する。

(5)熱を仕事に変えることは何らの制限なく容易に行えるが、その逆の仕事を熱に変えることには制限があって容易ではない。

 

問2 熱及び蒸気に関し、次のうち正しいものはどれか。(H23.04公表)(H20.04公表)

(1)圧力1MPa、温度180℃の乾き飽和蒸気を加熱して、圧力1MPa、温度230℃の過熱蒸気を得たとき、この蒸気の過熱度は27.7%である。

(2)圧力が0.1MPaのときより、0.2MPaのときのほうが水の単位質量当たりの蒸発熱は大きい。

(3)換算蒸発量とは、常用圧力におけるボイラーの実際の蒸発量を最高使用圧力のときの蒸発量に

換算したものである。

(4)熱と仕事はともにエネルギーの形態で、電気的仕事量1khは、熱量3.6MJに相当する。

(5)蒸発熱は、0℃の水と飽和蒸気の比エンタルピの差であり、冷水から蒸気へと状態が変化するのに費やされる熱量である。

  

問3 伝熱に関し、次のうち誤っているものはどれか。(H21.04公表)

(1)金属壁の表面とそれに接する流体との間の熱移動を熱伝達といい、液体の沸騰又は蒸気の凝縮のように相変化を伴う場合の熱伝達率は極めて大きい。

(2)平板壁の熱伝導によって伝わる熱量は、壁の両側面の温度差及び伝熱面積に比例し、厚さに

逆比例する。

(3)放射伝熱は、物体が保有する内部エネルギーの一部を電磁波の形で放出し、それが他の物体面に当たり吸収される熱移動のことである。

(4)物体表面の単位面積から単位時間に出す放射エネルギーを放射エネルギー流束又は放射度といい、これは物体表面の絶対温度の2乗に比例する。

(5)固体壁の両側に流体があり、その間に温度差があれば、熱は高温流体から壁面を通して低温流体に伝えられ、これを熱通過又は熱貫流という。

  

問36 ボイラーの自動制御に関する次の文中の内に入れるAからCの用語の組合せとして、正しいものは()()のうちどれか。(H21.04公表)

『ボイラーの水位制御においては、( )が増加して水面が下がる前に、( )の増加を検出して給水量を増加させる操作を行う。このように、( )と制御量の偏差によらず外乱などの情報に基づいて操作量を決定する制御を( )制御という。』

                                             

(1)蒸気流量                  目標値                  フィードフォワード

(2)燃焼空気量              目標値                  フィードバック

(3)蒸気流量                  操作量                  シーケンス

(4)燃焼空気量              燃料量                  フィードフォワード

(5)燃料量                     操作量                  シーケンス

  

問47 次のような仕様のボイラーに使用される燃料の低発熱量の近似値は、()()のうちどれか。

H24.04公表)(H20.04公表)

蒸発量…………………………… t/h

発生蒸気の比エンタルピ……… 2760kJ/kg

給水温度………………………… 35℃

ボイラー効率…………………… 90%

燃料消費量……………………… 430kg/h 

(1)20.9MJ/kg

(2)30.2MJ/kg

(3)35.7MJ/kg

(4)40.5MJ/kg

(5)42.0MJ/kg

 

 

解 答と解 説

 

第1編 ボイラーの構造

注)解説文中のページ数について:一級ボイラー技士教本(日本ボイラ協会)の概略関係ページを参考までに示す。例えば、P32は教本の概略ページ数。

------------------------------------------------------------------------------------------- 

 問1 熱及び蒸気について

解答: 

解説:◎出題頻度大 P3518

(4)熱と仕事はともにエネルギーの形態で、熱量3.6MJは電気的仕事量1khに相当する。

正しい。P4

 定義をしっかりと覚えること。

・過熱度=過熱蒸気温度-飽和蒸気温度

・蒸発熱は圧力が高くなるに従って小さくなる。

・換算蒸発量の定義

・熱力学の第二法則:仕事を熱に変えることは何らの制限なく容易に行えるが、その逆の熱を仕事に変えることは制限があって容易ではない。           

 

------------------------------------------------------------------------------------------- 

問2 熱及び蒸気について

解答:   

解説: ◎出題頻度大 P3518

(4)熱と仕事はともにエネルギーの形態で、電気的仕事量1khは、熱量3.6MJに相当する。

正しい。P4

 定義をしっかりと覚えること。

・過熱度=過熱蒸気温度-飽和蒸気温度

・蒸発熱は圧力が高くなるに従って小さくなる。

・換算蒸発量の定義

・蒸発熱は、飽和水と飽和蒸気の比エンタルピの差であり、水から蒸気へと状態が変化するのに費やされる熱量である。

-------------------------------------------------------------------------------------------

問3 伝熱について

解答:4

解説:注目問題 P1013

(4)物体表面の単位面積から単位時間に出す放射エネルギーを放射エネルギー流束又は放射度といい、これは物体表面の絶対温度の4乗に比例するP13

-------------------------------------------------------------------------------------------

問36  ボイラーの自動制御について

解答:1

解説: P131

『ボイラーの水位制御においては、( 蒸気流量 )が増加して水面が下がる前に、( 蒸気流量 )の増加を検出して給水量を増加させる操作を行う。このように、( 目標値  )と制御量の偏差によらず外乱などの情報に基づいて操作量を決定する制御を( フィードフォワード )制御という。』P131

------------------------------------------------------------------------------------------- 

問47 燃料の低発熱量の計算問題

解答: 4

解説:◎出題頻度大 P19

ボイラー効率=(熱出力/燃料の入熱)×100 %

燃料の入熱=燃料消費量×燃料の低発熱量 

∴ 燃料の低発熱量

{蒸気量(蒸気の比エンタルピー-給水の比エンタルピー)/(ボイラー効率×燃料消費量)}×100

{6000276035×4.2)/90×430}×100

40511kJ/ kg

40.511MkJ/kg) →(4)