法令科目のまとめ  サンプル

 

Ⅰボイラーの定義、伝熱面積

 1.     ボイラーの定義

ボイラーとは、蒸気ボイラー及び温水ボイラーをいい、

1)蒸気ボイラーとは、

     火気、燃焼ガス、その他の高温ガス(以下「燃焼ガス 等」という)又は電気により

     水又は熱媒を加熱して、

     大気圧をこえる圧力の蒸気を発生させて、

     これを他に供給する装置ならびに付属装置(過熱器及び節炭器)をいう。

2) 温水ボイラーとは、

     燃焼ガス等又は電気により              

     ②圧力を有する水又は熱媒を加熱して、

     これを他に供給する装置をいう。

3)最高使用圧力とは、その構造上使用可能な最高のゲージ圧力をいう。

 

.小型ボイラー、簡易ボイラーの区分

     ボイラー----------→ボイラー及び圧力容器安全規則の適用を全面的に受ける。

     小型ボイラー----→規則の適用を一部(定期自主検査、設置届、取扱い)受ける。

     簡易ボイラー----→規則の適用を全く受けない。(適用外のボイラーともいう)

                         労働安全衛生法施行令 第1条(P3

種類

 

圧 力

大  き  さ

伝  熱  面  積

 

 

 

 

 

 

0㎡

0.5㎡

1

 

 

 

 

 

 

簡易

小型

ボイラー

 

0.1MPa以下

600mm以下

 

 

 

 

 

 

 

 

小型

 

 

 

 

 

 

400mm以下

 

300φ以下

 

 

 

 

 

簡易

200φ以下

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25mmφ以上の

 

 

 

 

 

 

 

 

大気開放管

 

 

 

 

0㎡

2㎡

3.5

 

25mmφ以上の

0.05MPa以下

 

 

 

簡易

小型

ボイラー

 

U字管

 

 

 

 

 

 

 

温水ボイラー

0.1MPa以下

 

 

 

0㎡

4㎡

8

 

 

 

 

 

 

簡易

小型

ボイラー

貫流ボイラー

1MPa以下

 

 

 

0㎡

5㎡

10

 

 

 

 

 

 

簡易

小型

ボイラー

0.2MPa以下の温水ボイラーで、伝熱面積が2㎡以下のものは、小型ボイラーである。(令第14


.ボイラーの伝熱面積の算出(規則第2条) 

各種ボイラーの伝熱面積は次のように計算する。

1 水管ボイラー及び電気ボイラー以外のボイラーの伝熱面積(丸ボイラー、鋳鉄ボイラー)

火気、燃焼ガス、その他の高温ガスに触れる本体の面で、その裏側が水又は熱媒に触れるものの面積をいう。(伝熱面にひれ、スタッド等のあるものは、別に算定した面積を加える)

2 貫流ボイラー以外の水管ボイラーの伝熱面積(一般の水管ボイラー)

  水管及び管寄せの次の面積を合計した面積をいう。

     水管又は管寄せで、その全部又は一部が燃焼ガス等に触れるものにあっては、燃焼ガス等に触れる面の面積。

     耐火れんがによっておおわれた水管にあっては、管の外周の壁面に対する投影面積

     ひれ付き水管のひれの部分は、その面積に一定の数値を乗じたもの。

3 貫流ボイラーの伝熱面積

  燃焼室入口から過熱器入口までの水管の、燃焼ガス等に触れる面の面積

4 電気ボイラーの伝熱面積

  電力設備容量20kw1㎡とみなしてその最大電力設備容量を換算した面積

  (最大電力設備容量が200kwなら 200÷2010 つまり、10㎡ となる)
 

※1気水分離器、過熱器、節炭器、水管ボイラーの胴(ドラム)は、伝熱面積に算入しない。

2 煙管式ボイラーは煙管の内側が、水管式ボイラーは水管の外側が伝熱面積となる。

   (つまり、燃焼ガスに触れる側の面が基本となる)

3 立て横管式ボイラーの横管は、横管の外側が燃焼ガス等に触れるので伝熱面積となる。

 

.小規模ボイラーとは P22令第616号)

種  類

伝熱面積

胴の大きさ

その他の条件

 

蒸気ボイラー

 

内径:750mm以下で

長さ:1300mm以下

 

3㎡以下

 

 

温水ボイラー

14㎡以下

 

 

貫流ボイラー

30㎡以下

 

 

気水分離器を有するものは、内径400mm以下で内容積が0.4㎥以下

小規模ボイラー(俗称)の取扱い業務は、「ボイラー取扱技能講習修了者」もOK

 

.ボイラー取扱作業主任者の選任(規則第24条)

2級ボイラー技士の場合:取り扱うボイラーの伝熱面積の合計が25㎡未満24.99㎡以下)

 ・1級ボイラー技士の場合:伝熱面積の合計が500㎡未満(貫流ボイラーのみの場合は無制限)

 

.伝熱面積の合計の算定方法P31規則第24 2項)

① 貫流ボイラーは、実際の伝熱面積に 1/10 を乗じる。

② 廃熱ボイラーは、実際の伝熱面積に 1/2  を乗じる。

③ 小規模ボイラーは、その伝熱面積を算入しない

④ 電気ボイラーは、20kw1として換算する。

⑤ 自動制御ボイラーは、伝熱面積を算入しない。(最大伝熱面積のものを除く)